HOME > BLOG > 京都北山の美容室【エスビュート S-Beaut】 > COLUMN > プラセンタ(胎盤)の薬理作用

プラセンタ(胎盤)の薬理作用

プラセンタ(胎盤)には20種にも及ぶ薬理作用が備わっており、現代医学がてこずる

様々な病気に、驚く程の改善効果を示す事が分かっています。

 

代謝系          機能系            免疫系

基礎代謝向上作用    呼吸促進作用        免疫強化作用

細胞活性化作用     疲労回復作用        抗突然変異作用

血流促進作用      血圧調節作用        創傷回復促進作用

活性酸素除去作用    強肝解毒作用        抗炎症作用

造血作用        乳汁分泌作用        抗アレルギー作用

食欲増進作用

体質改善作用

ホルモン調節作用

 

神経系

自律神経調節作用

精神安定作用

 

プラセンタ(胎盤)はあなたの日々の健康を守っくれるでしょう。

規則正しい生活も心掛けましょう。

 

IMG_6044

 

体が健康だと頭皮の改善にもなります。

~美しい髪は健康な頭皮から~

光岡 正登

お問い合わせはこちら